時事ネタなどについて
by kazutodiary
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
リンク集
検索
その他のジャンル
最新の記事
はう?…おむつ さぷらいず?..
at 2012-02-18 12:17
これは…ロマンスが必要  ナ..
at 2012-02-16 15:33
うわあ!!恵方巻き ナニユエ..
at 2012-02-03 23:04
ああ〜…口腔洗浄器 ワッツハ..
at 2012-02-02 16:19
うう?…人気アニメ さぷらい..
at 2012-02-01 12:13
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

髄膜炎 が話題になってるのは

こんにちは みなさま ごきげんいかがですか? ヾ(●゚∀゚●)ノ

やはり本日読んでくれた皆様元気にいきましょう!わたくしも負けませんよ〜!(*´▽`*)ノ))

さっきまでいろんなサイトを見たりしてきました。


アツイ話題とか知っておけばその後の動向を予見できたりしますからね。なんか現在旬のキーワードは 髄膜炎らしいです!

むむむこれは如何なものでしょうか?ゥ──σ(・´ω・`;)──ンでも関連のものは探してきました。


【送料無料】髄膜炎の100章
神経学の100章シリ-ズ カレン・L.ル-ス 湯浅竜彦 西村書店(新潟)発行年月:2003年11月01日 予約締切日:2003年10月25日 ページ数:206p サイズ:単行\xCB
\xDC ISBN:9784890133222 湯浅龍彦(ユアサタツヒコ)国立精神・神経センター国府台病院神経内科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 髄膜炎の歴史/第2部 細菌性髄膜炎の原因と病態/第3部 細菌性髄膜炎の臨床/第4部 脳脊髄液/第5部 細菌性髄膜炎の起因菌/第6部 細菌性髄膜炎の治療/第7部 細菌性髄膜炎の予防/第8部 無菌性髄膜炎/第9部 真菌性髄膜炎/第10部 結核性髄膜炎/第11部 梅毒性髄膜炎/第12部 癌性髄膜炎 本書は、神経感染症で日常的に遭遇する問題を、歴史と現在の医療レベルのなかでじっくりと論じたものである。本書に盛り込まれている疾患は、細菌性髄膜炎、無菌性髄膜炎、真菌性髄膜炎、結核性髄膜炎、梅毒性髄膜炎、癌性髄膜炎等であり、さらに髄液所見、それぞれの個別的起炎菌別の病態に関する知見、患者の年齢やHIVの有無による取り扱いの違い、各病態や起炎菌に基づいた治療の第一選択が何か、あるいは第二選択をどうすべきかと具体的に解説が進む。本書では、神経感染症の歴史\xA1
ヿ彊琇⌆詑屐∩Ň鬚垢戮ⅧN鼎笋修虜ⅰ髻〻饌療Ľ兵N兎睛討\xAC100項目のフレーズとして見出しに揚げられ、それに対して解説が続けられるという構成がとられている。 本 科学・医学・技術 医学・薬学 医学



こんなのは?⇒髄膜炎



さて、今日もこのブログを読んでくださいましてありがとうございます。
[PR]
by kazutodiary | 2011-05-17 23:16